自宅でシミを消す方法を徹底解説!皮膚科に通う前に読んでみてください!

女性の悩みの種でもあるシミ・・・

 

シミは年齢を重ねる毎に増えていくもので、若い人であっても紫外線対策等をしっかりとしていないと知らない間にできてしまいます・・・

 

今回はそんな厄介なシミを消す方法をご紹介していきたいと思います。

 

誰でも自宅でできるシミ除去方法になりますので、シミを消したいと言う人は皮膚科に通いだす前に是非目を通してみてください。

 

シミを消す為にはまずはシミの種類や原因を知る事が重要!

シミができる原因はさまざまです。

 

一口にシミと言っても種類が多く、どれも同じシミではなく6種類ものシミがあることを知っていますか?

 

まずは自分のシミがどれに該当するかチェックしてみてください!

 

シミの種類について

  • 老人性色素斑・・・色は褐色~淡褐色で、肌の色との境界がはっきりしているシミ。主に紫外線が原因でできるシミで、最も多くの人が悩んでいるシミで、「顔・腕・手の甲」によくできるシミ。
  • 炎症性色素沈着・・・ニキビ痕や傷痕、虫刺され痕等が原因でできるシミ。
  • 肝斑・・・頬骨の位置に左右対称でぼんやりできるシミ。
  • そばかす・・・遺伝が原因でできるシミで、紫外線の影響で濃くなったり増えたりするシミ。
  • 脂漏性角化症・・・イボ状のシミで徐々に分厚くなるシミ。
  • 花弁状色素斑・・・紫外線が原因で「胸元・背中・肩」によくできるシミ。

シミの種類は大きく分けると上記の6つになります。

 

これらのシミは一度できてしまうととても頑固でなかなか消えることはありません。

 

美白化粧品を使用したり、美白効果の高い食材やサプリメントを摂取して、紫外線対策をしたとしてもなかなか簡単に消える物ではないのがシミなのです。

 

だからこそ、あなたは当サイトへ訪れたのだと思います。

 

シミの予防対策をしっかり行っていてもできてしまうのがシミなのです。

 

シミができる原因について

シミができる原因はメラニン色素が過剰に生成されるからになります。

 

メラニン色素はメラノサイトによって生成されますが、皮膚にはメラノサイトへ「メラニン色素を生成しなさいと指令を出す物質が存在している」のです。

 

このメラノサイトに刺激を与える物質を活性化させるのが、

  • 紫外線
  • 活性酸素
  • 炎症

になるのです。

 

紫外線が原因でシミができる

紫外線と一口に言っても「UVA」「UVB」の2種類あります。

 

この内のUVBが直接的に皮膚の細胞を刺激してDNAを傷つけてしまうのです。

 

肌内部に紫外線が侵入すると、細胞を守る為にメラノサイトを刺激してメラニン色素を作り出します。

 

そして、紫外線を浴びなくなるとメラニン色素は生成されなくなり、皮膚の新陳代謝によって肌の色が元に戻るのです。

 

しかし、波長の短いUVBが皮膚細胞のDNAを直接的に刺激することによって、DNAに異変が起こりメラノサイトが活性化したままの状態となるためシミが発生しやすい肌になってしまうのです。

 

ですから、シミ対策の為にも徹底した紫外線対策が重要になってくるのです。

 

活性酸素が原因でシミができる

活性酸素はさまざまな悪影響を及ぼす存在で、シミの原因でもあるのです。

 

活性酸素が生成されると、「活性酸素を取り除くためにメラノサイト刺激ホルモン」が分泌されてメラニンが生成されます。

 

メラニンが生成される事によってシミができてしまうのです。

 

ちなみに活性酸素を発生させる原因は以下になります。

  • 紫外線(UVA)
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 喫煙
  • 飲酒
  • 排気ガス等(有害物質を含む空気)
  • 食品添加物
  • 便秘
  • 激しい運動
  • 電磁波

上記項目に心当たりがある人は注意が必要です。

 

これらが原因で活性酸素が生成されて、シミの原因となっているのです。

 

炎症が原因でシミができる

炎症が原因でできるシミもあります。

 

ニキビ痕や傷痕、虫刺されが原因で炎症を起こしてしまいシミができると言うケースですね。

 

このような炎症が皮膚で発生すると、炎症によるダメージを抑えて回復させる為に、新たな細胞を作ろうとする働きが起こります。

 

この時にメラノサイトが活性化されメラニン色素が生成されてしまうのです。

 

そして、色素沈着が起こりシミになてしまうのです。

 

皮膚の炎症と言えば以下のようなものが考えられます。

  • 日焼け
  • 摩擦
  • の強い化粧品
  • 虫刺され
  • やけどや外傷
  • 湿疹やかぶれ
  • ニキビ

上記が原因で肌が炎症を起こしてしまいシミの原因となってしまうのです。

 

以上がシミができる原因になります。

 

これらのシミができる原因に注意して、シミを作らない、増やさないように十分注意しましょう。

 

それでは、本題の「自宅でシミを消す方法」を解説していきたいと思います。

 

自宅でシミを消す方法について

自宅でシミを消す方法としていろいろな方法が紹介されていますね!

  • 食生活の改善
  • スキンケア方法(美白化粧品・美白クリーム)
  • シミ対策サプリメント

食生活の改善をする事でメラニン色素や活性酸素の生成を抑制してシミができにくくすることは可能ですが、消す事はできません。

 

また、美白化粧品や美白クリームはメラニン色素の生成を抑制する成分が配合されているのでシミが増えにくく目立ちにくくしてくれますが、シミが消えることはありません。

 

シミ対策サプリメントに関しましても、一部の人に限りシミが増えにくくなるだけで消えることは無いのです。

 

となると、皮膚科やクリニックで医療レーザーでシミを消すしか方法がないと思われがちなのですが、実はそうでもないのです。

 

食生活の改善やスキンケア、シミ対策サプリメントを試した結果、シミが消えなかった人は皮膚科に通うようになりますが、その前に是非とも試していただきたい「シミを消す方法」があるのです。

 

それは、シミを消す効果のある医薬品を飲むと言う方法になります。

 

シミを消すサプリ(栄養補助食品)ではなく、シミを消す薬(医薬品)を飲んで、体の内側からシミを除去すると言う方法になります。

 

シミが消える薬と言われても、あまりピンとこない人もいるとは思いますが、サプリメントとは違い医薬品になりますので確実な効果に期待できるのです。

 

シミ対策として直接肌に塗る美白化粧品や美白クリームを利用している人も多いとは思いますが、ほとんどの人が効果を感じていないと思います。

 

なぜなら、シミの原因は肌表面にあるのではなく肌内部の真皮層にあるからなのです。

 

つまり、肌表面からどれだけアプローチをかけても完全にシミは消えないと言う事なのです。

 

シミの原因は肌内部にありますので、シミを消す効果のある薬を服用することによって、体の内部から直接シミの原因にアプローチをかけて消す事が可能となるのです。

 

言うまでもないのですが、食生活の改善でシミ予防や対策はできますが、シミを消す事はできませんね!

 

しかし、シミを消す成分が配合された医薬品ならシミを消す事が可能となるのです。

 

ですから、シミ対策で諦めて皮膚科等に通う前に、まずはシミを消す効果のある薬を飲んでみてはいかがでしょうか。

 

おすすめのシミを消す効果のある飲み薬

シミは化粧品やクリームではなく、サプリでもなく、皮膚科でもなく飲み薬で消すのが最適!

 

皮膚科で処方される薬は処方薬(医療用医薬品)で、一般的には「トランサミンカプセル250mg」が多く、副作用の心配があります。

 

しかし、以下で紹介するシミに効く医薬品は、第3類医薬品に該当しますので副作用の心配はありません。

 

副作用の心配なく安心して安全にシミを消したい人は以下の第3類医薬品の飲み薬を参考にしてみてください。

ロスミンローヤル

国内唯一のシミと小ジワの両方に効果的なただ一つの医薬品

  • シミ・そばかすに効果的
  • 小ジワ・肌荒れに効果的
  • 冷え性・肩こり・腰痛改善効果
  • 有効成分がバランスよく摂取できる
  • 9種類の生薬成分を含む22種類の有効成分配合

ロスミンローヤルは国内で唯一のシミと小ジワに効果的な第3類医薬品の飲み薬になります。シミだけではなく小ジワにも効果があるのは、ロスミンローヤルだけになります。シミも当然気になりますが、小ジワも気になると思います。そのどちらにも効果があると言うのが、最も売れている理由になります。しかもシミを消す効果の高い成分に加えて9種類もの生薬成分で血行を改善したり新陳代謝を整える効果があり、紫外線によるトラブルから肌を守り、若々しさを保ってくれます。

初回限定価格 1,900円(75%OFF)
通常価格 7,600円
用量 270錠/30日分(1日9錠)
種別 第3類医薬品
効果・効能 シミ・小ジワ・冷え性・肩こり・腰痛・のぼせ・めまい・耳鳴り・血行改善(女性特有の不調)
有効成分 L-システイン・アスコルビン酸・パントテン酸カルシウム・他

 

キミエホワイトプラス

効果が認められ第3類医薬品へとリニューアルしたキミエホワイトプラス

  • シミ・そばかすに効果的
  • 大人ニキビや吹き出物の肌トラブルにも効果的
  • 全身の怠慢間や二日酔いにも効く
  • L-システイン240mg配合
  • 新成分パントテン酸カルシウム配合

キミエホワイトプラスはシミを消す医薬品で、知名度抜群なので名前を聞いた事がある人も多いと思います。「L-システイン・アスコルビン酸・パントテン酸カルシウム」の3つの有効成分が肌の生まれ変わりを助けてシミを消してくれます。また、シミだけでなくそばかすやその他の色素沈着にも効果があったり、大人ニキビ等の吹き出物や全身の倦怠感等にも効果があるので、女性にとってとてもありがたい薬となっています。

初回限定価格 1,900円(55%OFF)
通常価格 4,200円
用量 93錠/31日分(1日3錠)
種別 第3類医薬品
効果・効能 シミ・そばかす・倦怠感・二日酔い・大人ニキビ・吹き出物・色素沈着
有効成分 L-システイン・アスコルビン酸・パントテン酸カルシウム・他

 

ミルセリンホワイトNKB

シミに効果のある有効成分がバランスよく配合されている医薬品

  • シミ・そばかすに効果的
  • ニキビや湿疹の肌トラブルにも効果的
  • 日焼けやかぶれによる色素沈着にも効く
  • L-システイン240mg配合
  • アスコルビン酸1000mg配合

ミルセリンホワイトNKBはシミを防ぐL-システイン240mgとシミを薄くするビタミンC1000mg、ターンオーバーを促進させるビタミンE、B2、B6を配合している飲み薬で、バランスの良いシミに効果のある薬になります。システイン製剤ではトップクラスのビタミン含有率を誇っています。肌の新陳代謝を促進させて3つのステップでシミに効きます。

初回限定価格 2,980円(31%OFF)

※定期便だとさらに割引き

通常価格 4,320円
用量 180錠/30日分(1日6錠)
種別 第3類医薬品
効果・効能 シミ・そばかす・ニキビ・湿疹・日焼け・かぶれ・じんましん・くすりまけ・色素沈着
有効成分 L-システイン・アスコルビン酸・パントテン酸カルシウム・他

 

シミに効く飲み薬の選び方

本気でシミを消すには薬が安心安全で最適です。

 

薬と言っても皮膚科で処方される副作用のある第1類医薬品ではなく、副作用の心配のない第3類医薬品のことです。

 

シミに効果的な第3類医薬品と言ってもかなりの数があります。

 

上記では厳選して本当にシミに効果のある薬だけをご紹介しましたが、念の為シミに効果のある薬を選ぶ際に注意してほしい点をまとめたいと思います。

 

有効成分をチェックする!

シミに効果の薬でも、購入する前に必ずチェックしてほしいのが有効成分になります。

 

薬を飲んでも効果がなければ意味がないので、しっかりと効果のある成分が配合されているかを確認するようにしましょう。

 

注意して確認してほしいのですが、

  • L-システイン・・・シミやそばかすの元となるメラニン色素の生成を抑制し、ターオーバーをスムーズにしメラニンの排出を促進させる
  • アスコルビン酸・・・柑橘類や野菜に多く含まれているビタミンCで、メラニン色素の生成を抑える働きがある
  • パントテン酸カルシウム・・・脂質・糖質・タンパク質の代謝に欠かせない成分で、ターンオーバーを促進させる

この3つの有効成分が配合されているかどうかになります。

 

また、含有量もチェックするようにしてください。

 

例えば、L-システインなら1日の摂取量は最大で240mgとなります。

 

アスコルビン酸の場合でしたら1日の摂取量は最大1000mgとなっています。

 

含有量が多ければ良いと言う訳ではないのですが、チェックしておいた方が良いでしょう。

 

価格をチェックする!

シミの効果のある薬を選ぶときは価格にも注意しましょう。

 

何と言っても医薬品になりますので、サプリのように激安価格で手に入れるのは正直難しくなります。

 

ですから、きちんとシミをなくして改善する為にもある程度の予算を覚悟する必要があります。

 

しかし、薬によっては割引等を行っている場合もありますので、お得なキャンペーン等を行っていないかチェックするようにしましょう。

 

風邪薬や頭痛薬とは違い、ある程度の期間継続して服用する必要がありますので、同じ薬を買うのならお得に購入した方が良いと思います。

 

シミを消す為にも継続する必要があると言う事を忘れずに、無理せず継続できる価格の薬を選択するようにしましょう。

 

飲みやすさも重要!

飲み薬は苦手な人も多く購入したのに飲めない・・・なんてことの無いように注意が必要です。

 

特に粉末状の薬は飲めない人も多いので、なるべくなら錠剤の薬を選んだ方が良いでしょう。

 

またL-システインを含む医薬品は、若干ですがにおいがあります。

 

しかし、においが嫌で飲めないくなるほどのものではないのでそこまで気にしなくても大丈夫です。

 

それよりも、においを消す為の添加物を含有させている薬を選ばないようにご注意ください。

 

製薬会社もそれなりに工夫して飲みやすいように製造していますので、甘味料等の食品添加物が含まれていないものを選ぶ事をおすすめします。

 

安全性

薬と言えば何と言っても安全性が重要になってきます。

 

口に入れて体内へ摂取するものですから、きちんとした製薬会社で製造されている安全性の高い薬を選ぶようにしましょう。

 

上記で紹介している薬は、全てきちんとした製薬会社が製造している薬で、衛生面や安全性に徹底していますので安心です。

 

おすすめのシミを消す効果のある飲み薬へ

 

医薬品の飲み薬でシミを消すのは安全なの?

シミを消すのは飲み薬が最適とお伝えしてきましたが、さすがに薬になりますので安全性が気になると思います。

 

ですから、薬を飲んでシミを消すと言う事が安全なのかについて解説していきたいと思います。

 

医薬品と言っても、

  • 要指導医薬品
  • 第1類医薬品
  • 第2類医薬品
  • 第3類医薬品

と4種類に分かれています。

 

ちなみにですが、今回当サイトでご紹介している医薬品は第3類医薬品に該当します。

 

と言われても「???」ですよね?

 

そもそも医薬品って何?
医薬品とは、簡単に言いますと「国から効果が認められた有効成分を用いた治療薬のことで、病気等の予防や治療等に使えるもの」になります。

 

つまり、サプリとは違い医薬品の場合は誰にでも効果が認められると言う事になります。

 

要するに科学的根拠を基に、その効果が裏付けられているものと言う事ですね!

 

ですから、サプリメントのように効果がなかったと言う人は基本的に存在しないと言う事になります。

 

以上のように第3類医薬品である以上は、国に効果が認められていると言うことです。

 

そして、その安全性につては以下で細かく見ていきましょう。

 

要指導医薬品

要指導医薬品とは、取扱いに十分な注意が必要な薬で、販売に先立って薬剤師が購入者へ提供する前に症状を伺ったうえでその効果を説明した書面を渡す事が原則とされている医薬品になります。

医薬品の例 劇薬・一部のアレルギー治療剤
リスク(副作用) 非常に高い
通信販売の可否 不可

 

第1類医薬品

第一類医薬品は、副作用や相互作用について安全性を特に注意する必要がある医薬品で、店舗においても購入者が薬剤師の説明を聞かずに購入することができない場所に陳列されている医薬品になります。

医薬品の例 H2ブロッカーの胃腸剤
リスク(副作用) 高い
通信販売の可否

 

第2類医薬品

第2類医薬品は、、副作用や相互作用について安全性を特に注意する必要がある医薬品で、特に「指定第2類医薬品」に関しましてはより注意を必要とするものとなります。

 

第2類医薬品の数字の部分が○や□で囲まれている医薬品がそれに該当します。

医薬品の例 解熱鎮痛剤(風邪薬)
リスク(副作用) やや高い
通信販売の可否

 

第3類医薬品

第3類医薬品は、副作用や相互作用の観点から判断した際に上記に該当しない医薬品になります。

 

つまり副作用の心配がないと言う事です。

 

ちなみにビタミン剤等は第3類医薬品に指定されている場合がほとんどです。

医薬品の例 健康(美容)目的のビタミン剤
リスク(副作用) 低い
通信販売の可否
 

以上のことから当サイトで紹介しているシミに効果のある飲み薬は、第3類医薬品に該当しますので副作用の心配がなく安全性の高い薬だと言う事が分かりますね!

 

つまり、安心して安全に自宅で確実にシミを消すには、第3類医薬品の飲み薬が最適と言う事になります。

 

おすすめのシミを消す効果のある飲み薬へ

 

シミを確実に消すには血流改善が重要!

シミを消す為の有効成分が配合されている医薬品はたくさんあります。

 

例えば、L-システインやアスコルビン酸、パントテン酸カルシウム等がそれになります。

 

しかし、これらの有効成分は、あくまでもメラニン色素の生成を抑制し肌のターンオーバーを促進させる効果に過ぎないのです。

 

つまり、この3つの成分だけでは血流改善まで期待できないと言う事なのです・・・

 

シミができる過程は、

 

「紫外線を受ける⇒メラノサイトの活性化⇒メラニン色素の大量生成⇒シミ」

 

になります。

 

この流れを最も悪い方向へと導いているのが血行不良でもあるのです。

 

私達人間の細胞は常に生まれ変わっています。

 

ですから、シミができても血流が良く健康な肌だと、ターンオーバーによってシミ等の古い細胞が排出されるのです。

 

しかし、血行不良を起こしていて血流が悪いと上手にターンオーバーしなくなり、古い細胞が肌内部に残ってしまうのです。

 

そして、肌内部に蓄積されたメラニン色素がシミとなって表れてくるのです・・・

 

こうなってしまうと、どれだけシミに効果のある有効成分を配合した医薬品であっても、シミをキレイに消す事が難しくなってしまうのです。

 

しかし、シミの効果的な成分と血流改善効果のある成分を同時に摂取することができたらどうでしょうか?

 

シミを確実に消すには血流改善効果のある成分も一緒に摂取しよう!

シミに効果のある「L-システイン・アスコルビン酸・パントテン酸カルシウム」を摂取しただけでは安心できません。

 

肝心のシミを作らないようにする為のターンオーバーの機能が改善されないからです。

 

つまり、シミが消えても血流が悪くターンオーバーしないと、新たにシミができてくると言う事なのです・・・

 

これだときりがないので、しっかりと血流改善も同時に行う必要があるのです!

 

要するに、シミに効果的な成分と血流改善に効果的な成分を同時に摂取すると言う事です。

 

それが可能な医薬品がロスミンローヤルになります。

 

ロスミンローヤルは、他の医薬品には配合されていない9種類の生薬を中心とした血流改善効果の高い成分をたくさん配合しています。

 

ですから、シミを消すだけではなくシミのできにくい肌へと変化させることが可能なのです。

 

つまり、シミを消して根本から強い肌を作り直すと言う事ですね!

 

しかもロスミンローヤルは国内でも唯一の「シミ・小ジワ」に効果のある薬なのです。

 

その他にも、「冷え性・肩こり・腰痛・のぼせ・めまい・耳鳴り・血行改善(女性特有の不調)」にも効果が期待できるのです。

 

これらはどれも血流が改善する事で効果が表れる症状になりますね。

 

女性特有の不調もほとんどの場合が血行不良になります。

 

それらも血流が改善されることで治りますので、シミをただ消すだけではなく、シミを根本から消したいと言う人はロスミンローヤルを試してみてください!

 

ロスミンローヤルでシミを消して根本からシミのできない肌を作ろう!

国内唯一のシミと小ジワの両方に効果的なただ一つの医薬品

  • シミ・そばかすに効果的
  • 小ジワ・肌荒れに効果的
  • 冷え性・肩こり・腰痛改善効果
  • 有効成分がバランスよく摂取できる
  • 9種類の生薬成分を含む22種類の有効成分配合

ロスミンローヤルは国内で唯一のシミと小ジワに効果的な第3類医薬品の飲み薬になります。シミだけではなく小ジワにも効果があるのは、ロスミンローヤルだけになります。シミも当然気になりますが、小ジワも気になると思います。そのどちらにも効果があると言うのが、最も売れている理由になります。しかもシミを消す効果の高い成分に加えて9種類もの生薬成分で血行を改善したり新陳代謝を整える効果があり、紫外線によるトラブルから肌を守り、若々しさを保ってくれます。

初回限定価格 1,900円(75%OFF)
通常価格 7,600円
用量 270錠/30日分(1日9錠)
種別 第3類医薬品
効果・効能 シミ・小ジワ・冷え性・肩こり・腰痛・のぼせ・めまい・耳鳴り・血行改善(女性特有の不調)
有効成分 L-システイン・アスコルビン酸・パントテン酸カルシウム・他

 

 

シミは市販の医薬品でキレイに消す事ができます。わざわざ皮膚科等に通わなくても、ネット通販でもシミを消す薬は手に入ります。ですから、まずは市販薬から試す事をおすすめします。皮膚科等ので処方される医療用医薬品は副作用のリスクが高いのであまりおすすめではありません。ですから、まずは市販薬、そして効果がなければ皮膚科で相談すると言うかたちが安全で安心できるのではないでしょうか。